2007年06月01日

司法解剖された遺体の一部を勝手に保管

遺族の承諾なく遺体保存 東大医学部など

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000013-san-soci

 「地下鉄サリン事件被害者の会」代表世話人の高橋シズヱさんの夫で、事件で死亡した霞ケ関駅助役、高橋一正さん=当時(50)=の遺体の一部が、遺族の承諾のないまま、東大医学部などに保存されていることが31日、分かった。高橋さんは同日、司法解剖の制度の改善を求める要望書を東京地検に提出した。
 解剖の手続きなどを定めた死体解剖保存法では、司法解剖した遺体について保存が認められている。しかし、保存された遺体の所有者の規定はない。
 高橋さんは平成9年10月、麻原彰晃死刑囚(52)の公判で一正さんの遺体が保存されていることを初めて知った。
 要望書で、高橋さんは「遺体の所有者は遺族」であると訴え、「遺族に遺体の保存目的や保存期間などを十分に説明すべき」と求めている。
 高橋さんによると、一正さんの遺体の一部は、ホルマリン漬けにされ、東大法医学教室などで保存されているという。(産経新聞)

サリンで死亡という滅多にないケースだから保存ってことでしょうか。どちらにせよ遺族にとってはあまり気分のいい話じゃありませんんね。しかしまだまだこの地下鉄サリン事件は引っ張りそうです。
posted by ニュースだいすき at 16:29 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-02 14:25

オウム林被告、死刑回避を主張=地下鉄、松本両サリンで弁論−最高裁 12月14日11時30分配信 時事通信
Excerpt: オウム林被告、死刑回避を主張=地下鉄、松本両サリンで弁論−最高裁 12月14日11時30分配信 時事通信
Weblog: VELVETROOM
Tracked: 2007-12-15 15:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。