2007年06月01日

結局格差は埋まらずか?

紀香&陣内が盛大披露宴…“格差婚”舞台裏でも随所に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000001-ykf-ent

 女優、藤原紀香(35)とお笑いタレント、陣内智則(33)の結婚披露宴が30日、神戸市のホテルオークラ神戸で600人の招待客を集めて盛大に行われた。カカア天下ならぬ“格差婚”と陣内本人も認める2人の差は、テレビが映さない舞台裏でも随所に表れていた。
 2人の出身地で行われた披露宴。「生まれ育った場所で、新しい門出を迎えられ感謝しています」という紀香は、芦田多恵デザインのウエディングドレスに、ダイヤや真珠があしらわれたブレスレット、イヤリング、ネックレスなどの華やかな装い。総額5億円ともいわれる披露宴費用の多くが紀香に費やされただけに、陣内も「想像以上にキレイです」とデレデレだった。
 注目は紀香−が如実に表れた出来事があった。この日、ホテルに到着した陣内は、警備スタッフから「IDカードを見せてください」と止められたという。事前に予約があった宿泊・宴会客以外は敷地内にも入れないため、「それだけ警備態勢が厳重だった」という陣内だったが、「格差婚を実感しました」と苦笑いだ。
 会場内では、“紀香上位”がさらに顕著に。司会進行の徳光和夫氏や、招待客のスピーチの大半が呼びかけるのは、「紀香さん、陣内くん」の順。マスコミ各社や芸能界の知人から270もの花束などが贈られたが、その中には紀香が広告出演する企業5社の名前もあり、一家の大黒柱であることがあらためて証明された。
 披露宴後の会見が行われたのは、ミナト神戸のシンボルでもあるポートタワーのライトアップが望める同ホテル自慢の日本庭園。実は1時間前に、スタッフが報道陣控室に飛び込んできて「天気予報が悪いので、ここ(控室)で会見します」と変更を告げ、机とイスが撤収、会見場に仕立てられる場面があった。
 2月17日の神戸・生田神社での挙式も雨が降るなど「雨女」を自認する紀香だけに、一部報道陣からは「天気を変える力がある奥さんには、陣内も勝てんわ」の声も。
 ホテル周辺も紀香目当ての人だかりができた。平日は人通りが少ない地域だが、この日は近くの交差点に500人を超す見物客が集まり、兵庫県警神戸水上署が20人態勢で群衆整理に当たるほど。
 紀香へ望むことをリポーターに尋ねられた陣内は「そろそろ一緒にお風呂に入ってもらいたいな」と口にしたが、「まだ、恥ずかしいから」とピシャリとはねつけられガクッ。混浴が実現したときが、家庭内格差解消への第一歩か。 (夕刊フジ)

なんだかんだいいつつも、関西ではそれなりに有名人かと思っていた陣内ですらIDカード要求されるとは警備の奴は何をやっとるんじゃーってクレームが入っても仕方ないのかもしれません。
やっぱ全盛期は過ぎているとはいえ奥さんの方が稼ぎも上で、上位なんですかねー。
徳光なんてそれなりに包めば誰でも呼べるんじゃないのか、ただ泣かれっぱなしも困りますね。
posted by ニュースだいすき at 01:20 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43520706

この記事へのトラックバック

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-02 17:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。