2007年05月31日

くず米をブランド米として販売

<ブランド米偽装>実は古米、くず米 大阪の女社長ら逮捕

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000000-mai-soci&kz=soci

 米卸会社「日本ライス」(東大阪市)が「福井県産コシヒカリ100%」と表示しながら、他県産古米や規格外の「くず米」を袋詰めし販売したとして、大阪府警生活環境課は30日、同社社長、石座真佐美容疑者(47)=大阪市旭区清水2=ら同社幹部ら7人を、不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で逮捕した。府警は、安く仕入れた米を高値で売るために会社ぐるみでブランド米表示偽装を続けたとみて、詐欺容疑での立件も視野に調べる。
 他に逮捕されたのは、常務の友永進(59)=同府茨木市美穂ケ丘▽総務経理部長の木下哲郎(52)=奈良県王寺町畠田▽営業部長の田中徳繁(47)=同府松原市天美西1▽経理課長の前川桂子(55)=東大阪市友井5▽元製造部係長の石川幸弘(34)=同市神田町▽製造部主任の杉本大八郎(29)=同市西岩田3=の6容疑者。
 調べでは、石座容疑者らは昨年7月下旬、千葉県産コシヒカリの古米と、酒やせんべいの原料となるくず米を混ぜて袋詰めし、「福井県産コシヒカリ」と表示を偽った商品650袋(約3トン)を製造。うち9袋(51キロ)を同府吹田市の小売店に約1万7000円で卸した疑い。石座容疑者は「製造部門の杉本容疑者らに偽装を指示した」と供述している。
 袋の産年の欄には、当時の新米を意味する「05年」と表記。京阪神のスーパーなどに卸し、650袋のほとんどは出荷された。
 同社は89年に設立され、03年の前社長死亡を受け、妻の石座容疑者が社長に就任。「社長が代わって偽装がひどくなった」と話す従業員もいるという。【小林祥晃】(毎日新聞)

くず米などをブランド米として販売していたようですが、消費者は気づかなかったのでしょうか。ブランド物としてありがたがっているだけだとこういう落とし穴があったりしますね。そもそもはこういう偽装をやった業者が悪いのは確かですが、物を見極める力も消費者に求められているのでしょう。
posted by ニュースだいすき at 06:27 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-05-31 11:42

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-02 23:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。