2007年05月29日

陰のドンも自殺

<緑資源談合>元森林開発公団理事が飛び降り自殺 横浜

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000021-mai-soci&kz=soci

 29日午前5時15分ごろ、農林水産省所管の独立行政法人・緑資源機構の前身の森林開発公団理事だった山崎進一さん(76)が、横浜市青葉区青葉台1の自宅マンション駐車場でパジャマ姿で死亡しているのが見つかった。6階の踊り場に山崎さんの靴がそろえて置かれ、手すりを乗り越えたような跡があったことから、神奈川県警青葉署は飛び降り自殺したとみている。
 同機構の官製談合事件をめぐり、東京地検特捜部が26日に、山崎元理事の自宅を独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で家宅捜索。同地検によると、特捜部はこの日以降ほぼ連日、山崎元理事から任意で事情を聴き、29日午後も聴取予定だった。
 調べでは、山崎元理事はマンション5階に妻(76)と2人暮らし。この日、普段と同じ午前4時半ごろ起床。松岡利勝農相の自殺を報じた新聞を見た妻が「松岡大臣のニュースが書いてある」と話しかけると、うなずいていたという。遺書は見つかっていない。山崎元理事は目が悪く、普段は妻が新聞の見出しを読み上げていたが、緑資源機構の官製談合事件の記事は自ら虫めがねを使って読むなど、気にかけていた様子だったという。
 関係者によると、山崎元理事は90年ごろ、天下り先に業務を優先的に発注する手法を確立し、前機構理事の高木宗男容疑者(59)=独禁法違反容疑で逮捕=に引き継いだとされる。退職後も機構に影響力を持っていたといい、周囲からは「陰のドン」とも呼ばれていた。
 また、山崎元理事は、機構から林道関連業務を受注する業者でつくる「特定森林地域協議会」(特森協=昨秋解散)の副会長も務めていた。特森協は、業者から年間数千万円の会費を集めながら、使途を会員業者にも明らかにしておらず、特捜部は資金の流れの解明を進めていたとみられる。【堀智行、安高晋】
 ▽東京地検の岩村修二次席検事の話 任意に事情聴取していた山崎氏が亡くなられたとの報告を受けた。心よりご冥福をお祈りします。
(毎日新聞)

緑資源機構の談合についても陰のドンといわれていた元理事が飛び降り自殺してしまいました。松岡農相の自殺に呼応するかのような行動ですが、何か関連性があるんでしょうかね。こうやって真相は全て闇の中。
posted by ニュースだいすき at 17:55 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-05-31 20:00

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 06:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。