2007年05月21日

林一歩警部の通夜

林警部通夜に1400人、すすり泣きの声…籠城殉職

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000313-yom-soci

 愛知県長久手町の籠城事件で殉職した県警特殊急襲部隊(SAT)隊員林一歩警部(23)(2階級特進)の通夜が21日夜、名古屋市千種区の葬儀場でしめやかに営まれ、約1400人が参列した。
 将来を嘱望された若手警察官の突然の悲報に、参列した親族や山本博司県警本部長を始め警察関係者らは沈痛な表情を見せていた。
 参列者によると、祭壇には遺影や、10か月の長女を抱くなどした在りし日の写真、多くの花が飾られ、すすり泣く声があちこちから漏れていたという。
 溝手国家公安委員長も参列し、報道陣に対して「銃規制も刑罰を重くすることを考えないといけない」と、時折声を詰まらせながら述べた。 (読売新聞)

かなり盛大な通夜になりましたね。明日の葬儀はもっと大々的になるのでしょうか。県警本部長は当然として国家公安委員会委員長まで参列するとは思いませんでした。政治的なパフォーマンスもあるんですか?
林一歩警部もまだまだ将来はこれから、だったわけですから、いろいろ思うところはありますが〜早速一部週刊誌では対応に問題があったのではないかという指摘がありますね。
ジェラルミンの盾って…ご冥福をお祈りするとともに、何らかの形で今回の事件が役に立つというか、今後の装備その他の体制の改善につながればいいでしょう。
ラベル:林一歩
posted by ニュースだいすき at 22:02 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

林警部通夜に1400人
Excerpt: 愛知県長久手町の籠城事件で殉職した県警特殊急襲部隊(SAT)隊員林一歩警部(23)(2階級特進)の通夜が21日夜、名古屋市千種区の葬儀場でしめやかに営まれ、約1400人が参列した。 将来を嘱望さ..
Weblog: ニュースざっと読み
Tracked: 2007-05-21 23:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。