2007年05月21日

案の定殺意を否定

<愛知立てこもり>大林容疑者送検 殺意は否認

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070520-00000022-mai-soci

 愛知県長久手町の立てこもり発砲事件で、県警愛知署特別捜査本部は20日、同町長配2、元暴力団組員、大林久人容疑者(50)を殺人未遂と公務執行妨害の疑いで名古屋地検に送検した。大林容疑者は殺人未遂容疑について、発砲は認めているが、殺意は否認しているという。
 調べでは、大林容疑者は17日午後4時10分ごろ、自宅敷地内で、長男健人さん(25)、次女里紗さん(21)に発砲、里紗さんからの110番で駆け付けた愛知署長久手交番の木本明史巡査部長(54)にも発砲して殺害しようとしたうえ、木本巡査部長の公務を妨げた疑い。
 一方、特捜本部は20日までの大林容疑者宅の現場検証で計8個の実包を発見した。事務所内で4個▽事務所前の玄関付近で3個▽大林容疑者が着用していたズボンのポケットから1個。いずれも9ミリ弾で、押収した拳銃は38口径だったことも分かった。【米川直己】(毎日新聞)

発砲は認めても殺意は認めないだろうと思ってたら案の定そうなりました。さて、これからどうなる。

posted by ニュースだいすき at 06:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42402865

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。