2007年05月18日

SAT隊員初の死亡

女性人質の発砲元組員、2警官を殺傷…SAT隊員死亡は初

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070517-00000011-yom-soci&kz=soci

 愛知県長久手町の住宅街で17日午後、元暴力団組員の男が拳銃を発砲して妻とみられる女性を人質に籠城(ろうじょう)する事件が発生、男に撃たれた警察官1人が死亡、別の警察官も重傷を負った。男の長男と二女も撃たれた。
 警察庁によると、死亡したのは同県警特殊部隊(SAT)の隊員で、SAT隊員が現場で死亡したのは初めて。県警は、警察官170人態勢で現場を包囲、殺人、殺人未遂事件として、男の身柄確保に全力をあげている。
 県警によると、立てこもっているのは同町長配(ちょうはい)、大林久人容疑者(50)。17日午後3時45分ごろ、大林容疑者方から「父親が拳銃を持って暴れている」と男性の声で110番通報があった。県警愛知署員らが現場に駆けつけたとこ、大林容疑者が拳銃を数発発砲。このうち1発が、同署長久手交番の木本明史巡査部長(54)に命中した。木本巡査部長は、玄関前に倒れたままとなり、午後9時20分ごろ救出されたが、周辺警戒に当たっていた林一歩(かずほ)巡査部長(23)が左胸を撃たれた。林巡査部長は18日午前0時14分、死亡が確認された。林巡査部長は防弾チョッキを着ていたが、チョッキのすき間の左鎖骨から入った銃弾が心臓に達した。死因は出血死だった。 (読売新聞)

当初機動隊員としか報道されていませんでしたが林一歩巡査部長?(別の報道では巡査長ともいわれていた)はSAT隊員でしたか。この前の都内で突入したのはSITですから捜査一課ですが、こちらは機動隊。防弾チョッキ着ていないわけがないと思いましたが、隙間から入ってしまったというのは本当に運が悪いというか…。何らかの対策がとられたりするんでしょうね。


posted by ニュースだいすき at 06:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42113951

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。