2007年05月19日

初動から間違い?@愛知立てこもり

<愛知立てこもり>重傷の巡査部長、防弾チョッキ着用せず

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070519-00000017-mai-soci

 愛知県長久手町の立てこもり事件で、現場に駆けつけた際に銃撃され重傷を負った愛知署長久手交番の木本明史巡査部長(54)は、防弾チョッキを身に着けていなかった。県警の特殊急襲部隊「SAT」隊員は撃たれて殉職。初動捜査や支援態勢に問題はなかったか。警察庁は検証を始める。
■5時間「放置」
 木本巡査部長は対刃物用の防刃衣を身に着けていた。元暴力団組員、大林久人容疑者(50)宅からの110番は複数あり、「父親が拳銃を持って暴れている」のほかに、「拳銃はおもちゃだ」というものも。木本巡査部長に「拳銃はおもちゃ」との内容が伝わり、防弾チョッキを着ずに現場に向かった可能性もある。
 特に問題なのは、重傷の木本巡査部長を5時間近く救出できなかったことだ。元妻は「近づくと殺される」と叫んでいたという。「第二、第三の被害を出さないため」と県警は釈明する。
■流れ弾被弾
 死亡したSAT隊員の林一歩(かずほ)警部(23)は木本巡査部長の救出活動中、捜査車両の陰で銃を構えているところを銃撃された。防弾チョッキを身に着けていたが、首の部分のわずかなすき間に命中した。
 救出開始の連絡は全員に伝わっていたという。捜査幹部は「銃を構えていたため、無防備になった」というが、周囲の支援態勢は十分だったか。
 警察庁幹部は「極めて不幸な偶然が重なった面はある。しかし、精鋭部隊のSAT隊員が身構えた状態で撃たれた以上、何かそこに問題は存在する」とみている。
■自力脱出
 人質だった元妻が自力で脱出した後も、6時間にわたってこう着状態が続いた。容疑者1人でも突入できなかったのか。
 捜査幹部は「元妻が逃げてから、容疑者はがっくり元気を無くし、興奮しなくなった」という。県警は既に殉職者を出していることもあり、「無理はしない」とのトップ判断があった。容疑者はほとんど寝ておらず、食欲もなかった。県警は、強行突入から投降させる方針に転換した。
■銃弾100発
 4月に起きた長崎市長射殺事件、東京・町田の発砲立てこもり事件を受け、政府が銃器対策推進本部を開催し、銃犯罪撲滅に向けた対策を強化した直後に、また、今回の事件が起きた。
 容疑者は、10年前に山口組系暴力団を破門されていた。不動産業をやっていたといわれるが、自宅に拳銃や銃弾を持ち続けていた。92年の暴力団対策法施行から15年。「暴力団1人に拳銃1丁」「国内に5万丁」ともいわれる潜む銃に、警察が翻弄(ほんろう)されている。
 元警察庁警備局長、瀬川勝久さんの話 警察は早く動きたかったろうが、人質もいるし、倒れた警察官は無防備だからまた撃たれる危険もあった。夜の救出はギリギリの判断だったのではないか。容疑者を無事に逮捕し、裁判にかけるのが第一目標だ。今後、類似事案が起きたときにどう対応するかだ。
 元内閣安全保障室長、佐々淳行さんの話 最初の通報で駆け付けた巡査部長が撃たれた後の対応は納得できないことばかりだ。約5時間も巡査部長を救助せずにいたことは信じられない。警察官の人命は尊重されないのか。さらに、SAT隊員が撃たれた際も、どうして反撃や突入をしなかったのか。(毎日新聞)

普段あまり同意できないよな発言が多いのですが、今回は佐々淳行氏の意見のほうを支持かな。元警察庁警備局長、瀬川勝久さんの発言も現体制の批判はしないだろうから何となくわかる話なんですけどね。
今後どうするかは非常に重要な話です。
posted by ニュースだいすき at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超エリートのSATでも…

SAT隊員死亡「今回は不運…」、迫られる装備改善

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000214-yom-soci&kz=soci

 愛知県長久手町の立てこもり事件で、同県警特殊急襲部隊(SAT)の林一歩(かずほ)巡査部長(23)(18日付で警部に2階級特進)が銃撃を受けて死亡したことで、警察当局は、優秀な人材を失うとともに、装備改善を迫られることになった。
 銃などから完全に身を守る装備をしながら、現場で機敏に動き回らなければならないという、相反する課題を乗り越えることを宿命とするSAT。警察庁は対策への模索を始めた。
 テロ対策などで犯人制圧を行うSATの隊員になるには、体力テストや銃技能テストで優秀な成績が必要なうえ、協調性も重要視される。このため、約25万人の警察官のうち、8都道府県で約300人しかいない超エリートだ。(読売新聞)

身を守る装備は完璧にすればするほど重く動きづらいものになるでしょうから相矛盾する問題を解決しなければならないわけで、林一歩警部の事が警察庁に新たな予算確保の口実を与えてしまったような感じがしないでもないですね。むろん必要なことですけど
通常構成、名前その他一切を秘密にされているものが、殉職のとたんにこれではね。SATは機動隊ですが、SITは捜査一課、方向性が違うか…
posted by ニュースだいすき at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと投降

立てこもり男と交渉人の神経戦「ネゴ終わり」通告に観念か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000114-yom-soci&kz=soci

 愛知県長久手町の立てこもり事件は、発生から29時間たった18日午後8時48分、ようやく容疑者逮捕にこぎつけた。
 拳銃で警察官1人を殺害、自身の子供を含む3人を襲った元暴力団組員の大林久人容疑者(50)は、人質にしていた元妻がすきを見て脱出して約6時間後、県警捜査員の説得に応じ、籠城(ろうじょう)していた自宅の別棟を出た。
 観念したように両手を掲げて路上に立ちすくみ、一昼夜にわたって住宅街を恐怖に陥れた男は、約20人の警察官に折り重なるように取り押さえられた。
 ◆投 降◆
 「約束通り、出てきてくれたんだね」「安全に保護したい。持っているものをその場に置いて、指示に従って」(読売新聞)

29時間と2人の死傷者を出して、やっと交渉で解決したってことですね。強行突入でもするのかと思いましたが意地でも交渉、だったのでしょうか。ネゴシエイターにあいい経験だったかもしれませんが、対応には批判等がでそうですね。何をやってもたたかれるのが警察ですけど。
posted by ニュースだいすき at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またまた京都府警

京都府警がWinnyユーザー3人逮捕、発売前の「少年ジャンプ」など公開

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000023-imp-sci&kz=sci

 京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と五条警察署は18日、ファイル交換ソフト「Winny」のネットワーク上に週刊漫画雑誌の作品画像をアップロードしていた男性3人を、著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで逮捕した。
 逮捕されたのは、大阪府大阪市の会社員男性(29歳)、岩手県盛岡市のアルバイト男性(26歳)、東京都足立区の少年(17歳)ら3人。男性らは、「週刊少年ジャンプ」や「週刊少年サンデー」で連載中の作品をスキャンした画像ファイルをWinnyで配信していた。
 京都府警によると、男性らは2007年1月から4月までに、発売前の作品を含む漫画の画像を外部記録メディアに収録し、WinnyをインストールしたPCに入れ、不特定多数が画像をダウンロードできるようにしていた。漫画家が告訴し、捜査を進めていた。現在、作品の入手経路などについて調べを進めている。
● 「漫画が早く手に入ることを自慢したかった」などと供述
 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)の発表によると、京都府警の捜査員が、サイバーパトロール中に男性らの違法アップロード行為を発見し、ACCSおよび出版社を通じて著作権者へ告訴意思の確認を行なった。出版社や漫画家は、創作活動を脅かす極めて悪質な行為であると判断し、今回は6人の漫画家が代表となって告訴したという。
 逮捕同日に行なわれた家宅捜索では、男性らの自宅から、パソコンやスキャナー、漫画などが押収された。また調べによると、男性らは、違法行為であることを知りながら、アップロードを続けていたことを認めている。
 大阪府大阪市の会社員男性は、2007年1月31日から4月5日までに、週刊少年サンデーで連載中の井上和郎作「あいこら」2話分と、椎名高志作「絶対可憐チルドレン」の1話分を配信した。男性は、「注目を浴びたかった。たくさんダウンロードをさせてもらっていたので、“お返し”にアップロードをした」と供述している。
 岩手県盛岡市のアルバイト男性は、2007年2月14日から4月3日までに、週刊少年サンデーで連載中の松江名俊作「史上最強の弟子ケンイチ」2話分、雷句誠作「金色のガッシュ!!」2話分、鈴木央作「ブリザードアクセル」2話分を配信した。男性は、「早くアップロードすることで優越感に浸りたかった」と供述している。
 東京都足立区の少年は、2007年2月15日から4月5日までに、週刊少年ジャンプで連載中の作品を配信した。作品名は明らかにかにされていない。少年は、同誌発売日(月曜日)の前週の木曜日に作品をアップロードしており、「漫画が早く手に入ることを自慢したかった」と供述している。(Impress Watch)

京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室はそれほどまでに優秀なのでしょうか、というのはさておき、Winny裁判の話を担当弁護士のブログその他で読む限りそれほどでも亡いような感じがするのですが…。
タグ:winny
posted by ニュースだいすき at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

故人情報流しすぎじゃない?

籠城一昼夜 犠牲のSAT隊員 警察学校トップ卒業 涙の父「ご苦労さま」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070518-00000027-san-soci&kz=soci

 ■柔道3年で三段に 妻と赤ちゃん3人暮らし
 「正義感の強い優秀な男がなぜ。赤ちゃんが生まれたばかりなのに」。愛知県長久手町の発砲・立てこもり事件で死亡した同県警機動隊員、林一歩巡査部長(23)は、警察学校を同期トップの成績で卒業し「何事にも真剣に取り組む人」と高い評価を受けていた。発生から一夜明けた18日朝には、県警本部や県内の全警察署では国旗の半旗が掲げられ、同僚の殉職を悼んだ。
 林巡査部長は警察学校に入校後に柔道を始め、約3年で三段に。県警警備課の山田健児次長は「短期間で三段を取ったのは極めて異例。よほどの身体能力や努力がないとできない」と評した。
 岩城一平・機動隊副隊長は「非常に優秀な警察官。正義感が強く、普段は物静かで落ち着きがある。柔道三段で身体能力が非常に高かった」。警察学校では柔道のほか教養なども優秀で、同期124人のうちトップの成績で卒業したという。
 採用後、一宮署を経て精強メンバーで構成される機動隊の特殊急襲部隊(SAT)で日々厳しい訓練を受けていた。
 同県岩倉市の自宅では、昨年7月に生まれ、間もなく1歳を迎える長女と妻(24)と3人暮らし。
 同じアパートの主婦(35)は、いつもスーツ姿の林巡査部長をサラリーマンだと思っていたという。「桜が満開のころ、ベビーカーを押して家族3人で歩いていた姿が、幸せそうだった。何の罪もない、これからだった人が…」と言葉を失った。
 林巡査部長の同県美和町内の実家では家族や近所の人たちが悲痛な表情で集まっていた。
 林巡査部長の父、千代和さん(51)は「危険なこともあるので、警察官の仕事に不安がなかったと言ったらうそになる。ただ、他人を助けるのが職務なので、身内(木本明史巡査部長)が助かったのは良かった。ご苦労さまといってあげたい」と涙ながらにねぎらった。
 一方、林巡査部長の死亡を受けて、名古屋市内の県警本部のほか、事件のあった愛知署など全警察署では18日朝、国旗の半旗が一斉に掲げられた。 (産経新聞)

そりゃ故人、しかも殉職者を悪く言う奴はいませんね。警察学校を首席で卒業ですから将来かなりいいところまで行けたかもしれません。
しかし、SAT隊員も死んだとたんに個人情報がここまで公開されてしむというか、さらされてしまうのも少し問題があるんじゃないのかな。
美談にしたいという上の方の意図が見え隠れしているような感じがしますね。前の板橋でしたっけ、電車に轢かれてしまった警察官のときも感じましたが、こういう違和感を感じるのは私だけだろうか。
むろん林一歩巡査部長、この後警部になるわけですが、のことを批判するつもりは全くありません。
posted by ニュースだいすき at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。