2007年05月17日

木本巡査部長救出もほかの機動隊員撃たれる

<立てこもり>自宅で拳銃男 長男次女、警官ら負傷 愛知

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070517-00000117-mai-soci

 17日午後3時45分ごろ、愛知県長久手町長配2の大林久人容疑者(50)宅から、「父親(大林容疑者)が拳銃を持って暴れている」と110番通報があった。県警愛知署員が駆け付けたところ、大林容疑者が自宅から発砲し、同署・長久手交番の木本明史巡査部長(54)の首に命中した。大林容疑者はその後、妻とみられる女性を人質にして自宅に立てこもった。木本巡査部長は銃撃を受けた後、玄関前の屋外に倒れたままになっていたが、午後9時25分ごろ救出された。意識はあるという。救出時に機動隊員1人が左胸を撃たれ、心肺停止状態。
 また、大林容疑者の長男、健人さん(25)と次女、里紗さん(21)も自宅で銃撃された。健人さんは腹部、里紗さんは足を負傷し、いずれも近くの愛知医科大学病院に運ばれ、生命に別条はないという。
 大林容疑者は立てこもりを続けており、県警捜査1課などが自宅周囲を包囲し、説得している。
 調べでは、大林容疑者は元暴力団組員で、「娘に連絡させろ。近付いたら撃つ」などと話している。最初の110番通報の後、大林容疑者宅からは「父親(大林容疑者)は落ち着いた。興奮させたくないので家には来ないでほしい」と通報があったという。
 県警などによると、大林容疑者は、妻と子供3人(男性1人、女性2人)の5人家族。
 現場は東名高速名古屋ICから南東に約1.5キロの閑静な住宅街。付近に愛知学院大や中学校ながある。県警は現場の周辺約300メートルを立ち入り禁止にして、近所の住民に外出しないよう呼び掛けている。 (毎日新聞)


やっと救出されたと思ったら今度は別に機動隊員が左胸を撃たれて心肺停止状態だそうです。これは亡くなった可能性が高いでしょう。しかし、機動隊ならそれなりの防護をしているんじゃないのかね。ちょっとその状況がよくわかりませんが、だんだん事態がでかくなってますね。
posted by ニュースだいすき at 23:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二日酔い

昨日の夜は少し飲み過ぎました。
ウイスキー換算でショットで8杯ぐらい飲んだでしょうか、普段二日酔いにならないのですが、見事にやられました。
今日の午前中はだる〜いと思いながらなんとか仕事していました。
今日も結局残業。
posted by ニュースだいすき at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親とは思えない行動

<能勢男児遺体>抱けないのでメットインに入れた 夫婦供述

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070517-00000041-mai-soci&kz=soci

 大阪府能勢町で先月、男児の遺体が見つかった事件で、府警捜査1課は17日未明、家出人捜索願から浮上した実母の同府豊中市走井1の職業不詳、田宮美香容疑者(21)と夫の同、元貴容疑者(21)を死体遺棄容疑で逮捕し、豊能署に捜査本部を設置した。2人は「バイクで2人乗りし、子どもを抱けないので、(座席下収納スペースの)メットインに入れたら死んだ。2人で捨てた」と容疑を認めているという。遺棄の時期など供述には曖昧な点も多く、府警は死亡や遺棄の経緯についても追及している。
 調べでは、男児は美香容疑者の長男の峯松優ちゃん(当時1歳)。美香容疑者は、前夫と昨年1月ごろに離婚。優ちゃんと大阪市淀川区内の実家に戻っていたが、「今年4月23日に元貴容疑者と再婚した」という。
 供述によると、両容疑者は今年1月31日ごろ、豊中市内の自宅からバイクに2人乗りして外出。子どもを抱いたままバイクには乗れなかったのでメットインに入れたという。外出先で美香容疑者は買い物に行き、元貴容疑者はパチンコ店に行った。元貴容疑者がバイクまで先に戻ってきたところ、優ちゃんがメットインの中で死んでいるのに気づいたという。
 両容疑者は「近くの量販店で買ったポリ袋に入れて、乗用車で遺棄場所まで運んで捨てた」と供述。遺棄日は、美香容疑者が「その日のうち」と供述しているのに対し、元貴容疑者は「2月2日ごろ」と説明している。
 府警は家出捜索人届を調べ、今年1月15日に幼い男児を連れて実家から家出した美香容疑者が浮上。美香容疑者を探し出し、DNA鑑定を実施したところ、今月16日夜に優ちゃんのDNA型と一致した。当初、美香容疑者は「子どもは女友達に預けている」と説明。元貴容疑者も「知らない」などと関与を否定していた。
 優ちゃんは先月23日午後5時ごろ、同町天王の国道173号の脇道側溝であおむけで倒れているのを通行人が発見。目立った外傷はなかった。遺体発見日は優ちゃんの2歳の誕生日であり、両容疑者が入籍した日でもあった。また供述とは矛盾するが、司法解剖の結果、優ちゃんの遺体は死後約1週間が経過していたという。【隅俊之、小林慎】(毎日新聞)

抱いて乗れないからメットインの中に入れた、その後買い物とパチンコに行って戻ったら死んでいた、って親のやる行動か。
無責任に子供を産んで、こうやって死なせてしまう親の元に生まれた子供は本当に不幸ですね。なんとも言葉に表現できません。
posted by ニュースだいすき at 18:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰でも良いから殺したかったって

母殺害の高3「たまたま来てたから」、部屋に殺人関連の本

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070517-00000308-yom-soci&kz=soci

 福島県会津若松市で県立高校3年の男子生徒(17)が母親(47)を殺害した事件で、生徒は会津若松署の調べに対し、「たまたま母親が来て、隣の部屋に寝ていたから殺した。家族でもだれでもいいから人を殺したかった」と供述していることが17日、わかった。
 同署は、生徒の自宅アパートから残虐な描写のあるマンガを含め、殺人に関する本を数冊押収しており、事件との関連を調べている。
 調べによると、同県大沼郡の実家に住む母親は、生徒が不登校になって医師から「精神的に不安定」と診断されていたことから、頻繁にアパートに様子を見に来ていた。14日も保育所の仕事を終えてから訪れ、翌15日午前1時30分ごろ、就寝中を襲われ、殺害されたとされる。 (読売新聞)

様子を見に行ったばかりに殺されてしまった母親が一番かわいそうというかなんというか、誰でも良いから殺したかったという心理がやっぱりよくわかりません。精神鑑定が必要なんでしょうね。
殺人が悪いことだと認識しておきながら実行してしまった、実行したのは何があったのでしょうか。
posted by ニュースだいすき at 18:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元暴力団員が拳銃片手に立てこもり

元暴力団員が発砲、警官ら3人撃たれる…妻?も人質に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070517-00000011-yom-soci

 17日午後3時45分ごろ、愛知県長久手町長配の民家から「父親が拳銃を持って暴れている」と110番通報があった。
 同県警愛知署員らが現場に駆けつけたところ、この民家にいた男が拳銃を数発発砲。このうち1発が、同署長久手交番の巡査部長(54)の腹部に命中した。
 同県警によると、男は妻とみられる女性1人を人質に取り、現在、民家の中に立てこもっている。巡査部長は、道路と民家建物の間に倒れているが、捜査員らは近づけない状態で、巡査部長の容体は不明。同署で男の説得を続けている。 立てこもっている男は元暴力団員とみられる。
 巡査部長のほかにも、この男の家族とみられる男女2人が拳銃で撃たれ、愛知医大に搬送され、手当を受けている。男性は30歳代、女性は20歳代とみられる。(読売新聞)

何やけをおこしたのでしょうか。それとも薬でもやっていたりするのか。家族からの通報というのがあれですが、撃たれた巡査部長も倒れたままでは心配ですが無事だと良いですね。
posted by ニュースだいすき at 18:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺人願望?

<福島母殺害>「戦争起これば人殺せる」少年が供述

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070517-00000018-mai-soci&kz=soci

 福島県会津若松市で高校3年の少年(17)が母親(47)を殺害した事件で、少年が、県警の調べに「戦争が起これば人を殺せるのに、戦争が起きないから、いま人を殺してしまおうと思った」と供述していることが分かった。一方、母親を布団に寝た状態で殺害した後、そのまま移動させずに体の一部を切断したため、アパートの部屋は布団以外にほとんど血痕が残っていなかったことも判明した。少年は自首した際、両手に負傷しており、県警は殺害時か遺体の切断作業でけがをした可能性もあるとみている。
 調べでは、母親の死因は首を切られたことによる失血死で、遺体の切断も15日早朝に県警会津若松署に自首するまでの数時間の間に行われた。しかし、県警の現場検証では室内からほとんど血痕が見つからなかった。頭部と右腕を切断された遺体は布団の上に寝かされており、大半の血液が布団に吸い込まれたためらしい。
 一方、自首する際、少年は切断した頭部をそのまま布製のショルダーバッグに入れて運んでいたことも判明。バッグは外側まで血がにじんだ状態だったといい、県警は少年が同署に来る際に利用したタクシーのシートカバーの鑑定を進めている。
 県警会津若松署は16日、少年を殺人と死体損壊容疑で福島地検会津若松支部に送検した。(毎日新聞)

戦争が起これば…って何を考えているのやら。高校に入ってから情緒不安定というかいろいろあったようですので、何があったのかを解明しないと、ただ単に刑務所、では済まないような感じがします。

posted by ニュースだいすき at 08:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。